自社独自のECサイトを立ち上げることになったA社は、商品点数の多さや、そのデータの整合性を合わせる作業にかなり手間取り、連日対応に追われていた。

課題

商品情報管理を社内で一元化したいが、複数コードが付与され煩雑化してかなり難しい…

 営業本部では、商品情報を一元管理するためにひとまず管理状況の棚卸を行うことにしました。

しかしA社では、担当営業部署ごとに商品管理をしており、ExcelやPowerPoint、紙などそれぞれ管理しやすい形で、極めて属人的な方法で行われていたのです。

そのため、顧客・商品データの重複も多く、まったく整合性のない状態でした。

また同一商品に関して、直販用、電子部品ショップ店頭用など販売チャンネルによって複数のコードが付与されていました。今後はオープンするECサイト用のコードも追加されることになるため、ますます煩雑になることが予想されました。

棚卸作業の中心となった営業本部のM氏は、「今の管理方法では、一元管理を実現するには程遠いだろう」と嘆いていました。

複雑な枝番管理をしているため、商品照会に時間がかかりすぎる

 さらに、膨大な種類、形式のラインナップがある商品では、枝番単位の管理が必要となっていました。ですが、管理項目や枝番は何度も継ぎ足され、必要なイメージ画像がないものも点在するなど、商品情報に統一性は全く見られません。そのため、お客様からの問い合わせがあっても、該当する機器に対応する部品の正確な情報を調べるのに時間がかかり、回答が遅くなることで商機を逃してしまうことも頻発していたのです。

社内で管理の仕組みが統一されていないうえ、管理方法が複雑化しており、このままではECサイトでのスムーズな商品管理は難しいとの認識が高まり、営業本部では対応策を検討し始めました。

PlaPi 導入事例と商品情報管理のアンケートレポート ダウンロードのお申し込み

課題のポイント

  • 商品情報を一元管理したいが、各商品に複数コードが付与されて管理が煩雑化している
  • 商品の種類・数が多く複雑な枝番管理をしているため、商品照会に手間と時間がかかる

PlaPi 導入事例と商品情報管理のアンケートレポート ダウンロードのお申し込み

解決のポイント

  • クラウド型商品管理システム「PlaPi」なら、一括登録で商品情報を一元管理できる
  • 付属品、画像などの関連情報を商品データに連携できるため商品検索が容易に

PlaPi 導入事例と商品情報管理のアンケートレポート ダウンロードのお申し込み

解決

一括登録で全商品情報を集約でき一元管理が可能なクラウド型商品管理システム!

 自社の商品管理方法について情報収集を進めるなか、M氏はJSOLからリリースされているクラウド型商品管理システムの「PlaPi(プラピ)」というソリューションを見つけました。

早速、問い合わせて、デモや詳細な説明をしてもらったところ、まさに今抱えている管理の課題を一気に解決できるという可能性を感じました。

ユーザーインターフェースが分かりやすいことに加え、既存のExcel/CSVの商品情報をアップロードするだけで、簡単に商品情報の登録が可能できるため、IT部門でなくでも対応が可能でした。「PlaPi」にすべての商品情報を簡単に集約でき、全社で一元管理できる基盤を整えることができます。

あらゆる関連情報を商品データに紐づけられるため、検索やコンテンツ管理が容易に

 また、付属品や後継品などの商品に紐づく情報も、項目を自在に設定でき、一目で把握できる点も便利でした。

これなら関連商品に関する問い合わせに対しても、スピーディーな検索でタイムラグなく適切な提案が可能になります。

さらに、ECサイトに掲載する画像やスペック表、製品の関連情報なども、品番に紐づけて管理できるので、コンテンツ管理が非常に楽にできることもわかりました。

「当社では同じ部品でもピン数、形状違いによるラインナップが豊富な商品が多く、文字情報だけでは理解が難しい場合があります。その点でも、メディアファイルの紐づけが可能な「PlaPi」の機能はうれしいですね」(M氏)

 トライアル評価を行なったところ、複数コード、多数の枝番を持つ商品についても、手間なくスムーズに探し出すことができ、最適な形での商品管理ができると実感できました。A社では、「PlaPi」を使ってすべての商品情報管理を一括で行なう方針を決定。ECサイトのローンチに向け、着々と商品情報登録を進めています。

PlaPi 導入事例と商品情報管理のアンケートレポート ダウンロードのお申し込み

PlaPiの詳細はこちら お問い合わせはこちら